毛深いと病気か!?

毛深いと病気か!?

毛深いということ

 

世の中には、人知れず毛深いことに悩んでいる人は少なくありません。
実際、多毛症と呼ばれる病気のために治療を必要する人もいるのが現実ですし、女性ならばなおのこと深刻な悩みにある人もいるのではないでしょうか。
多毛症による毛深い症状は、ホルモンの影響によるものが大きいです。
つまり、男性ホルモンの分泌が多くなりすぎたり、女性ホルモンの分泌がうまくいってなかったりというような場合ですね。
ですから、抗男性ホルモン剤の投与や女性ホルモン補充などの方法が医療機関において取られ、この病気による症状と悩みの軽減をはかることもあります。
しかし、毛深い場所によっては、これらの方法でうまくいかないこともあるのです。
その場合には、直接、脱毛という施術をおこなうこともあります。
いずれの方法を取るにしても、まずは思いきって婦人科等の医療機関で診察を受けることをおすすめします。

毛深いことについて

 

 

身体が人よりも毛深いことで悩んでいる女性が多くいらっしゃいます。
でもその悩み、ただの体質ではなく病気の可能性があります。
それは多毛症という病気です。
これは男性ホルモンが関係していて、一般的に女性なら生えないような場所に硬い毛が生えていると多毛症である確率が高いです。例えば顎やおへそ周りや大腿部の内側などです。
多毛症の場合は卵巣、副腎などの疾患が原因となっていることが多いので、病院に行って適切な治療が必要になります。
多毛症ではなく毛深い症状の場合は、自己処理をするのではなく脱毛施術をすることにより、きれいな状態を保つことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ