毛深いと病気か!?

毛深いと病気か!?

毛深い男性

 

遺伝子と男性ホルモンの体毛への影響
毛深いといわれる人はいったい何が原因なのでしょうか。
原因の1つめは遺伝子です。顔つきや体つきと同じ様に毛質・毛量も遺伝情報として伝わります。毛量の多い遺伝情報が伝わり発現すれば、その人の毛量は増加します。
もう1つの原因となるのは性ホルモンです。テストステロンなどの男性ホルモンは体毛を太く、硬くさせ、増加させる働きがあります。またヒゲ、胸毛、前頭部から頭頂部といった場所の体毛に影響を与えます。目に付きやすく、印象に残りやすいこのような部分の体毛が増加すると、実際の毛量以上に毛深いという印象を与えます。
このように毛深くなる理由として遺伝子とホルモンが大きな影響を与えています。

男性が毛深い理由

 

 

男性が毛深いのにはそれなりに理由があります。それはホルモンの影響です。これによって髭が生えたり、脛毛が生えたりするわけです。ちなみにこうしたホルモンは別に男にしか分泌されていない、と言うわけではなく、女性でも僅かに分泌しています。それが男並みになりますと女性でも極端に毛深くなったりするわけです。ちなみにホルモン注射と言うものがあって、身体に注入することによってモロにその影響を受けることができます。毛深いことは遺伝、ホルモンが影響しているわけです。ですから、個人の努力でどうにかなることではないのです。しかし、剃ることはできます。


ホーム RSS購読 サイトマップ